記帳代行

記帳代行について

自営業でも会社でも事業を営んでいる方々の根幹は、「本当の姿」を知ることにあります。
その「本当の姿」を数字という側面からリアルにご報告していくことが、当事務所の仕事です。

経理は、次の一手を打つ為の大切な道具なんです。当事務所では、毎月、前月の試算表原始資料を頂いた日から1週間以内にお届けしております。
管理会計の視点からその会社独自の数値を
エクセルの表で作成したり、週単位で、
数値を見たいという積極的な経営者の方には、毎週、決まった日に先週までの数値をお届けするオリジナルなサービスもお引き受けしております。

記帳代行 お客様の声

50代の社長様・飲食店経営

2009年は、私にとって大きな試練の年になりました。
私は、独立心が強く、人の2倍3倍の努力をいとわない性格です。20代で独立して、
それなりの危機も 何度もありましたが、自分の責任と努力で乗り越えてきました。

しかし、人間関係の問題でも苦しめられ、とてつもない不況の中、山田先生にお目にかからなければ、
立ち直ることはできなかったかもしれません。 親友も妹のようにかわいがっていた友人も、会社がうまくいかなかくなったら、手のひらを返すように去っていきました。そんなトラブルがあったからこそ山田先生に出会うことができたのですが、当時は経済的に苦しいだけでなく精神的にも追い込まれていて眠れない夜が続きました。
「社長はまわりから誤解されています。社長のお気持ちがまわりの人に歪められて伝わっています。
その理由は・・・・・」山田先生は、数字から人間の行動を解き明かしてゆきました。その内容は、私には、にわかに信じることができないものでした。遅ればせながら、山田先生のお言葉が真実だったと最近判るようになりました。
私の娘も独立心の強い子です。どうか親子2代にわたってよろしくお願いいたします。

会社設立

会社設立について

これからご商売・会社を始めたいと言う方のご相談は、特に積極的にお受けします。開業時の書類作成や契約書の作成などは行政書士業務です。また、経営コンサルタントとして、開業時の相談役の経験もあります。開業後に売り上げが伸び悩んでいる方も一度ご相談ください。
2006年5月、「会社法」が施行されました。確かに、会社を設立することのハードルは低くなりましたが、会社を発展させていく事は、容易なことではありません。また、会社の基本である定款の重要性も増してきました。当事務所では、貴社に合った定款の作成を始め、会社設立の諸手続きのみではなく、経営計画書を一緒に作成するサポートやその後の経理・総務・人事業務の相談や経営相談もお引き受けしております。

会社設立までの流れ

  • ① チェックリスト(別掲)にもとづき概要をおうかがいいたします。
    (会社名の候補、発起人の住所・氏名、会社の所在地など)
  • ② 役員全員と出資者(役員と別な場合)の印鑑証明書を2通お預かりします。
  • ③ 同一本店所在地に同一商号がないか調査。
    (確認は2~3日以内)
  • ④ ★会社の代表者印の作成
    商号調査が終わり、会社名が決まりましたら
    ご連絡差し上げます。
  • ⑤ ★委任状に個人の実印を押していただきます。
  • ⑥ ★公証人認証手数料50,000円と登録免許税150,000円を
    お預かりします。
  • ⑦ ★定款作成
    許認可申請のご予定がある場合は予めお教ください。
    定款の目的が許認可申請に適応するように作成いたします。
  • ⑧ 公証役場で、定款の認証(電子認証ですので印紙代4万円は不要)
  • ⑨ 金融機関に資本金を払込みます。
    代表者の個人の通帳に、本人以外の株主は振込をし、ご本人は
    出資額を引き出して、再び同額を預け入れます。
  • ★資本金を預け入れた通帳をコピーします。
    (表紙・見開き・払込部分)
  • ⑪ 設立登記申請(この日が会社設立日となります)
  • ⑫ ★登記完了
    設立した会社の登記事項証明書(いわゆる商業登記簿)が
    発行されます。
    ★印鑑カード申請書を登記所に持参して
    印鑑カードをもらいます
  • ⑬ ★その他、社会保険事務所、労働基準監督、職業安定所などに
    手続きをする必要がある場合もあります。

※上記 印は原則としてご本人にしていただくところです。

↑ページのトップへ戻る

→各種料金表はこちらへ